思い込みはよろしくありませんが気になってしまう・・
       

今日は洗濯日和


HOME
私の周りの街コン、出会い、婚活パーティ事情
積極的に出会いの場へ
出会い方
婚活バスツアー
人気の婚活パーティー
友人の結婚式でいい出会い
中学校で初めて出会い

中学校で初めて出会い


  最近は、昔のように沢山の人を招待して、盛大に披露宴を行うというよりも、安く済ませて新生活の備えるといった人たちも多くなりました。 その一方で、招待する人数を少なくして、本当に呼びたい人だけを招待して、ゲスト一人当たりの予算を増やして、ゲストにおもてなしを感じてもらいたいと言った形の結婚式が増えているようです。結婚する年齢が少し上がって考え方が変わってきた。自分らしい結婚式を挙げたい思いが強くなったのが、一因だと考えられているようです。 格安結婚式を行うのであれば、いくつかの方法があります。ホテルや結婚式専用の会場などの格安のプランをうたっているようなところもあります。家族だけで行うときには、式自体は数万円で行うことができたり、少人数の参列者には食事を振る舞い、家庭的な雰囲気で行うという方法もあります。 旅費がかかりますが、国内や海外で新婚旅行を兼ねて、親族だけでこじんまりとした少人数の格安結婚式というようにしてみるのもいいでしょう。友人とは、中学校で初めて出会いましたが、その友人はどの位の予算だったか分かりませんが、沖縄で挙式をしたらしく、結婚のお知らせの結婚ハガキにドレスを着た写真の物が届きました。 事前に、呼べないけど結婚することに決まったんだって、知らせを受けて、そういう式もありだねって、話をしました。友人のドレス姿を間近で見られなかったのは残念でしたけど、友人は自分達の考えで、そういった式にしたのですから、それで良しでしょう。 結婚式は費用を掛けようと思えば、かなり掛けることもできますし、抑えようと思えば、低価格で行うこともできるので、当事者同士が納得できる形で、経済面、価値観を確認し合い相談しながら行うようにしたらすれ違いもなく今後の生活もスムーズに進むでしょう。

 昔の結婚式を思い返してみると、派手婚と呼ばれるような、沢山の人を招待して余興を沢山盛りこむような結婚式が主流だったようですが、最近では地味婚をする人が多いようです。結構格安結婚式ができてかなり費用が節約できるみたいですよ。 芸能界は特別かもしれませんが、ホテルで招待客500人とかで、ウエディングケーキも、 ものすごい高さのあるものが主流だったじゃないですか?花嫁さんのベールも長くて…。費用も推定億単位とかで、ビックリ。挙式に億って!!??包む側も沢山包まなくてはならないでしょうけど…。 例えばチャペルだけの結婚式の場合でしたら5万くらいでもできるのでものすごく費用が安いことがわかります。 これならお金がなくて結婚式ができないという人でもできそうです。 一生に一度のことですので格安結婚式でも体験したいものだと思います。 そして格安結婚式には写真撮影もついているそうですが、これもかなりおしゃれで質のいい写真が撮れるそうです。写真だけでも記念になりますが、両親を含め、おもてなしをしたい人はいますものね。 結構晩婚の人が最近増えているそうですが、晩婚だとお金があってもあまり結婚式を華やかにしたくないという人が多いそうで、そういう方にもいいかもしれません。 結婚式の挙式自体は結構時間が短いのですが、そのあとすぐに解散となると寂しいですので食事会を一緒に入れるといいと思います。 これならみんなで一緒に食事をしながら楽しい気分を味わえそうです。 大好きな人達に囲まれて楽しい時間を過ごす、決してお金がなくてもできます。 今までの出会いに感謝しながらの食事会は、とっても有意義なものになるのではないでしょうか。 今、沢山の格安結婚式場ができているそうで、式をしたい人には人気だそうです。 いろんな形があるのですね。

 結婚式の数だけ、そこに至るまでの様々な出会いがあって、結婚に至っているのかと考えると、感がい深いものですね。結婚式は誰もが幸せになることができる新郎新婦が人生で一番輝ける日です。結婚式をあげる時に一番重要なのが結婚式の費用、演出がどのくらいになるかということです。比較的若くして結婚をした場合は、貯蓄も少なく、結婚式の費用が払えない場合もあると思われます。そのため結婚をしたものの費用面が理由で結婚式をあげないという夫婦もいます。 しかし今は結婚式にかかった費用を後払いにすることができる式場があります。支払い方も、式場によって異なるので、事前に現金が用意できない方も、ご祝儀の中から不足分を支払うというような感じでも、費用が支払えるということになります。支払い費用に心配のある方は始めに支払方法を聞くのが得策ですね。全金前払いの所もありますし、半額ないし、8割の金額をあらかじめ式の何週間か前に払えば、当日残りの分を支払うというパターンもあるようです。また、クレジットで支払えるという所もあるようです。したがって費用面を心配している夫婦では結婚式場の費用を後払いすることができる式場を選ぶことが重要です。そうすることで結婚式場の費用を心配することなく契約をすることができます。式を挙げた場合ご祝儀でどのくらいの金額をもらうことができるかということを把握することができます。その金額内でおさめることで結婚式の費用をすべて支払うことができます。 そのような結婚式場は最近はよくあるため、後払いをしたい場合はその条件で的を絞り、結婚式場を決めてもいいのではないでしょうか。 人生で一度きりの日だからこそ、納得のいく式場で満足のいく一日を過ごすことが重要です。。

 このページのトップへ