思い込みはよろしくありませんが気になってしまう・・
       

今日は洗濯日和


HOME
私の周りの街コン、出会い、婚活パーティ事情
積極的に出会いの場へ
出会い方
婚活バスツアー
人気の婚活パーティー
友人の結婚式でいい出会い
中学校で初めて出会い

友人の結婚式でいい出会い


  友人が友人の地元で結婚式を挙げるので、そのご祝儀をどれくらい包んだら良いのかと 悩んでいました。やはり、金額的なことってなかなか人には聞けないものってありますよね。ご祝儀の相場なんて、どれくらい入れたら良いのかわからないこともあります。そこで、インターネットで調べてみました。結婚式を挙げる友人に、旦那さんからこいつの友人はもの事を知らないのか…と、恥をかかせてはいけません。調べてみたら、新郎新婦のお付き合いの深さや送り主の年齢にステイタス、しきたりによって、大体の相場というのがあるようです。また、縁起を担ぐ場合は、1,3、5万円という金額が基本で、2で割れる数は避けた方が良いようです。最近では、2万円でも大丈夫なようで、一万円札と5千札を2枚の組み合わせとして札数を奇数にすることで良いようです。会費制で行う披露宴も多くなってきたみたいです。これだと、いくら包んだら…という不安も無くなりそうですが、今までにあまりないケースでもあるので、会費の他にお祝いは要らないのか?という不安が新たに出て来てしまいそうです。自分の時には3万包んでもらったのに、友人は会費制で1万円とかだったとすると、1万分位のお祝いの品を送った方がいいのかな…とか。考え出すと切りがないのですが、付き合いの深さによって…とういうことで解決出来るのではないでしょうか。また、4万円と9万円は言葉的に死と苦に繋がるのでタブーでした。ご祝儀にも、いろんな相場やルールがあり、勉強になりました。久しぶりの結婚式への参加。ひょっとしたら、いい出会いがあるかも…なんてほのかな期待を持ちつつ参加してきます!

結婚式のご祝儀について調べたついでに結婚式の予算についても少し調べてみました。男女が出会い、人生を共に生きることを誓った二人がするもの。それが結婚式。けじめでもあります。結婚式いうと、挙式から披露宴まで有名ホテルや結婚式場で挙げるとかなりのお金がかかってきます。たいてい、ホテルでのブライダルの場合、規模にもよりますが、200〜400万円くらいかかるそうです。しかしバブル崩壊後、日本の景気が悪く、現在も多少上向いたものの、今のご時世で節約傾向にあるのだそう。そんな中、海外の格安結婚式で出費を抑え、他にまわそうという人が多いのも事実です。それでは、海外挙式はどのようなものか、その相場を含め、ざっくり調べてみました。場所は、ハワイやグアム、サイパンが人気だそう。日本で教会などの申し込みをし、こだわりがなければほとんどの打ち合わせは現地でしていきます。ドレス・スーツ等の合わせや写真、当日の流れについて、現地スタッフと打ち合わせます。挙式自体は教会にも寄りますが、10万円程度で挙げられます。ドレス・スーツの手配、リムジン、カメラマンなどお願いをし、30万円程度で済むらしいです。ドレスに関しては、レンタル料金に幅があるので、安く済ませるのならシンプルなものを選ぶといいみたいです。また、親族を呼ぶ場合の旅費ですが、人それぞれみたいです。親きょうだいが負担することもあれば、新郎新婦が負担することもあります。しかし、格安結婚式とはいえ、一生に一度のウェディングドレスですから、感動すること間違いありません。運命的に出会いを果たし、一緒に生活をし始めたものの、かなり前に籍をいれ、そのまま式を挙げていないカップルにもおススメだそうですよ。 友人の中にも数人いますね…。結婚式を挙げていない…。って言う子。やっぱり、挙げたいのが本音なのでしょうね。 女の子なら、一度は着てみたいものですよ。

結婚式、する派ですか?しない派ですか? 最近に始まったことではないですが、赤ちゃんが出来てからの結婚はある統計によると、結婚式を挙げる約25%だそうで、10代、20代に圧倒的に多いみたいです。また、地域別でみるともっと多い場所もあるようです。結婚前に子供を授かるケースでは、体調が整わず、お腹が大きくなる時期に結婚式が難しいということもあるでしょう。子供が生まれてから結婚式をするという方もいらっしゃるようです。そういうことでなくても、しないと決めて挙式を省略される人もいますよね。 でも、せっかく、人生を共にする人に出会い、将来を誓ったなら、けじめをつけるのもいいものです。今まで、出会った人とのつながりも大切です。近年では、披露宴の会場をレンタルしたり、料理や飾りつけなどのランクの数を減らして金額を抑えた格安結婚式を売りにしている業者もたくさんいます。このような場合のご祝儀については、新郎新婦側で十分なおもてなしができていないと考えるのであれば、あらかじめ会費制にするという方法もあります。もちろん、格安結婚式であっても豪華な挙式や披露宴ができるケースもあり、この場合には通常のご祝儀をもらっても構いませんが、立食形式などカジュアルな披露宴にして、引き出物も用意しないなどのパーティーにする場合には、あらかじめ会費で金額を決めておいたほうがゲストに対しても親切です。判断が難しい場合には、一般の話としてプランナーと相談しましょう。プランナーさんは、沢山の結婚式を経験しているので、こういった場合は会費制にした方がいいとか、一般的な祝儀を受け付ける感じでいいとか、アドバイスして下さるはずです。 何が一般的で、何が一般的ではないのかは、人それぞれの考え方ですので、難しいところではありますが、失礼の無いように自分達の感謝の気持ちが伝わる式にしたいですね。招待する人にあらかじめこういった感じでしようと思っていると、話して置くと、友人も心づもりができて、いいかもしれませんね。

 このページのトップへ